商品ラインナップ

トップ > 商品ラインナップ -放射能遮断ソイル-

商品について

放射能遮断ソイルとは・・・?

水を使用し放射能を封じ込めることが出来る商品です。放射性物質の周りに放射能遮断ソイルを施工することにより放射能を遮断します。

放射能遮断ソイル 4つの特長

放射能遮断 施工最中に放射能を徐々に遮断していきます。機械で測定しながら施工し、放射能が0になった時点で施工終了となります。
10万ベクレル以上の放射能遮断可能。
施工性 施工が現場の状況に応じて変えられます。敷均し工法・練り工法(壁に左官仕上げも可)・吹き付け工法等。
※病院のレントゲン室や学校の室内などにも施工可能。
機能性 板状の放射能遮断板と違い、隙間がないので、放射能もれがありません。
在庫保管可能 紙袋入りの商品であれば、保管がききますので、在庫保管して置きいつでも施工可能。

使用量の目安

使用量の目安:放射能レベルによって施工厚変える。
実験例:1000ベクレルで厚み約100mm施工

使用方法

・放射能レベルに応じ、施工厚を変える。
 施工最中に放射能を徐々に遮断していきます。機械で測定しながら施工し、放射能が0になった
 時点で施工終了となります。10万ベクレル以上の放射能遮断可能。
 ※実験例:1000ベクレルで厚み約10mm放射能遮断

・約30分ほどで人が乗れる強度になり、1日経過で4t車両が乗り入れできる強度になる。

・施工は、平地だけでなく、法面、デコボコにも使用できる。施工方法は、透塊ソイルと
 同様、敷き均し・練り工法・吹き付け工法で使用できる。

・含水量は、練り工法で重量比の約17%、吹き付け工法で重量比の13~15%。

施工方法例

このページの上部へ